漏斗胸

院長インタビュー

続きを読む

院長の写真

松山笠置記念心臓血管病院 病院長 笠置康

漏斗胸治療に取り組み続け30年以上になる笠置康病院長。「ただ一所懸命やっているだけです。」と語る背景にはどのような想いが…

アクセス・診療時間

月曜日~土曜日(祝祭日は診察します)

午前9時~12時30分 午後14時~19時 木曜のみ14時~17時 休診日 日曜日

全国からのアクセス

  • 〒790-0023 愛媛県松山市末広町18-2
  • TEL:089-941-2288
  • FAX:089-943-8831
アクセスマップ

漏斗胸治療 笠置記念病院


漏斗胸トピックス

新しく、筋層下ナス法による漏斗胸手術サイトを開設しました!

当院の行っている独自の漏斗胸手術である筋層下ナス法のメリットと手術方法を漏斗胸患者のみなさまにご紹介するホームページです。
ぜひご覧ください。→筋層下ナス法による漏斗胸手術のすべて

筋層下ナス法による漏斗胸手術のすべて

漏斗胸とは何か

漏斗胸・胸郭変形は前胸部の陥凹によって心臓や肺の圧迫をきたす病気です。先天性の遺伝的疾患で1,000人に1人程度の割合で発生すると言われています。
漏斗胸の人は心臓や肺は圧迫されるので、少しでも軽減させるために背筋を真っ直ぐに保てず猫背になることが多いです。
漏斗胸は、境界領域疾患として各科の対象からはずされていて、積極的治療が行われないまま放置される傾向があります。
患者さまから相談を受けても、「このまま放っておいてかまいません」と言われるドクターもいらっしゃって、そうした患者さまがよく当院を受診されています。

でも漏斗胸は身体に良くない

正面像のレントゲンを見ると、漏斗胸の人はほとんどの人が脊椎側弯症があることがわかります。心臓の位置が左側に動いていることが多いです。 側面像からは、心臓圧迫の程度がわかります。背骨まで胸骨が陥凹している人もいます。
心電図をみると、心臓が圧迫されているためにほとんどの漏斗胸の人に不整脈が見られます。漏斗胸の人は心臓が圧迫されて電気のベクトルが変わるために、正常波形では上向きになるはずのP波が下向きになっていることが多いです。
呼吸器機能については、漏斗胸の症状のひどい人は、その人の体格を踏まえた標準的なパーセント肺活量が80~90%に低下しているケースが見られます。気管支ぜん息の人もいます。
CTの画像から漏斗胸の人は、内臓のいちばん上にある肝臓が下に圧迫されていることがわかります。

 漏斗胸・胸郭変形の治療については何でもご相談ください

日常生活で何かしら支障があるのなら我慢せずに、手術を考えてみるのも一つの選択肢です。子どもであれば骨も柔らかいので手術しやすいですし、18歳まででしたら補助金の制度もあるので手術を受けやすい環境があります。 また、大人になったら手術を受けられないわけではありません。実際に当院でも61歳で漏斗胸手術を受けられた方もいらっしゃいます。
お子さんが漏斗胸であると判明した場合や漏斗胸治療を諦める前に、まずは当院にご相談ください。メールでしたら原則24時間以内に返信するようにしております。


 当院は、漏斗胸の治療で全国的に有名です

当院は、松山市で開業して120年以上になる、内科・ 外科・心臓血管外科・胸部外科・心臓内科・呼吸器内科・感染症内科・救急科・放射線科を診療科とする医療機関です。
特に、30年以上の実績がある「漏斗胸」治療で全国的に有名です。漏斗胸は前胸部の陥凹により心臓及び肺の圧迫をきたす先天性の遺伝的疾患です。前胸壁の陥凹で心臓と肺が圧迫されるので、猫背になる人が多いというのが特徴です。当院では、ナス法による漏斗胸矯正を行っています。ナス法による漏斗胸手術を改善して、治療効果と安全性の高い漏斗胸治療を行っています。


漏斗胸の治し方 保険診療です

漏斗胸・胸郭変形は外科手術によって矯正可能です。当院は漏斗胸治療に長年取り組み続け、多数の実績を上げています。漏斗胸手術を受けるのは子どもが多いのですが、大人になって手術を受けられないわけではありません。実際に当院でも61歳で漏斗胸手術を受けられた方もいます。現在、漏斗胸手術で主流となっているのが、米国の小児外科教授Dr.Nussが考案したナス(Nuss)法です。傷口は小さく、手術後の痛みも少ないなどのメリットがあります。
1987年よりDr.Nussが実施した胸骨挙上術は、前もって形作った金属製のバーを漏斗胸の陥凹部に通して、これを180度回転させる事により、陥凹が改善するという手術です。 手術には数多くのコツがあり、簡単な様で難しい手術です。日本に於いては1999年よりDr.Nussが作成したPectus barが保険適応となった為に、保険診療可能となりました。私共では2000年よりナス法による漏斗胸治療を開始しています。その後ナス法に対して様々な改善を行い、現在当院では漏斗胸の外科治療は100%ナス法で行っています。

漏斗胸手術750例を超えました

笠置院長が初めて漏斗胸・胸郭変形の手術を見たのは、1976年のことです。当時の漏斗胸手術は、大掛かりなもので、胸に大きな傷が付いてしまうものでした。
1999年に、アメリカでNuss博士が発明したナス法という、より簡便で負担のない手術方法が日本でも保険適用になり、当院では2000年からこのナス法による漏斗胸治療を開始し、ナス法漏斗胸手術手技研究会ですでに13回を超える学会発表を行っています。
現在、ナス法による漏斗胸治療の認定施設になるべく申請中です。

当院では大人の漏斗胸治療を多く行っており、症例数は750例を超えました。川崎医科大学、長野こども病院とともに日本を代表する漏斗胸治療病院となっています。
わざわざ患者様が全国から四国・松山まで足を運んでくださる理由は、一つは漏斗胸手術で使用するバーがずれないようにするなど、手術法を独自に改善して(筋層下ナス法)、なるべく痛みの少ない漏斗胸治療を行うように心がけている点(当院独自の手法です)。もう一つは、ナス法と従来型治療を柔軟に併せて、患者様にできるだけご負担をかけない配慮をしている点にあると思います。
筋層下ナス法の場合、筋肉が残るので、手術後に筋トレを行うとちゃんと筋肉が盛り上がるという利点もあります。
漏斗胸の手術につきましては抜群の経験値と、対応力を持っていると自負しております。


大人でも、漏斗胸・胸郭変形は治したほうが良い

漏斗胸の方は殆んどの患者さんが猫背です。漏斗胸によって肝臓や胃袋が圧迫されるため、痩せている人が多いようです。
当院で治療してしばらくして、漏斗胸手術で使用したバーを抜きに来られる患者様の中には、症状が良くなったためにすっかり太っておられる方もいらっしゃるくらいです。
「ハーラー指数」を手術適応基準にする先生もいらっしゃいますが、当院ではCTを撮影して心臓が圧迫されている場合には、脊椎側弯や呼吸機能の障害につながるため、手術して漏斗胸を治すようお勧めしています。
当院で漏斗胸を行った最高齢の方は、62歳でした。


漏斗胸治療は安全です

漏斗胸手術での一番の問題は、手術時の麻酔による事故で、3000~4000分の1です。その次に考えられるのは、バーを抜くときの麻酔事故ですが、この死亡率は1万分の1と非常に低くなっています。
つまり麻酔による事故しか考えられない安全な手術なのです。
また、インターネット上の情報として、「漏斗胸の手術は痛いのではないのか」と思い込んでおられる方も少なくありません。
しかしながら、こういうケースがありました。当院で漏斗胸の手術を行うことを決めた患者さんから、「がん検診で胃がんが見つかった」というご連絡が来たのです。
当然、胃がんの手術を先に行ったわけですが、その半年後に当院で漏斗胸の手術を行ったところ、この患者さんは、「胃がんの手術のほうがよほど痛かったです」とおっしゃっていました。
確かに院長の経験でも、消化器系の手術の術後の鎮静剤は、漏斗胸手術の後に使っているものよりも3倍くらい強いものです。
当院では、人工呼吸器を使うなど、漏斗胸の手術の痛みを先に止めるためにあらゆる努力を行っています。


漏斗胸治療で受診するには

漏斗胸治療で松山笠置心臓血管病院を受診するには、当ホームページにあるお問い合せフォームからご連絡いただくか、お電話でご連絡ください。何かご質問があれば、あわせてお書きください。 1~2日で、電子メールのご質問内容にご返信します。電子メールかお電話で.ご来診の日程を調整して決めていただきます。 初診の際には、それまでかかっておられた病院やクリニックのご紹介状は必要ありません。検査はすべて当院でやり直しますから、それまでの検査結果を紹介状に書いていただく必要はないからです。
外来予約して、健康保険証のみご持参ください。

松山は人情の厚い観光地

松山空港にも首都圏や関西から、LCCのジェットスターやPeach Aviationが就航して、とても安く来ることができるようになりました。今や松山も気兼ねなく便利に行ける場所なのです。 当院は松山市駅の直近で、松山市の繁華街のど真ん中に位置しています。
漏斗胸治療のために当院に来られる場合は、検査と手術で1週間くらい、付き添いの方と滞在していただくことになります。

かならず2日間は試験外泊として、松山に滞在して頂くことになります。この間、瀬戸内の魚などの食事で、全国からいらした患者さんにご満足頂いているようです。
当院では、松山市内の観光案内を最初に配布しています。道後温泉や松山城はとても評判が良いのですが、松山城に登るのは検査が終った後で、手術をする前にしてください。少し離れた内子町の古い町並みも好評です。術後でも、少々歩くのはいい運動です。
付き添いの方には、瀬戸大橋(しまなみ海道)にも足を伸ばしていただくのも良いでしょう。大山祇神社で沢山の国宝を見るもよし、井口島で西日光耕三寺や平山郁夫美術館を見るもよし。バスは当院のはす向かいから出ています。
また当院に隣接して、四国最大の百貨店である「いよてつ高島屋」がありますから、ショッピングをお楽しみいただくこともできます。
ご親戚の方を「松山観光に行かないか」とお誘いして付添人にして、漏斗胸治療に来られる方までいらっしゃいます。

受診漏斗胸手術準備バーを入れる手術1回目の手術のあとバーを抜く手術痛みのない治療漏斗胸治療効果10大メリット費用