東京都在住の男性 K様よりいただいたお手紙です

  漏斗胸(胸郭変形)の患者さまからの手紙 東京都在住の男性 K様

築地で働くプロ?ゴルファーです。

術後6ヶ月の運動制限期間が大変だったようです。

私は年の暮れ39歳になる前日に漏斗胸の手術を受けました。

30年前の手術方法は両親をして卒倒する程、見た目にも過酷なものでありました。故に自分と両親との折り合いがつかなかったのです。成人してからは半ば諦めていた手術ですが、偶然ネットで笠置先生のことを知りすぐさま訪ねました。単なるカイロプラクテスでは無いという言葉が重く印象的でしたが、まだ若い私はそれだけ十分に健康を享受していたからだったと思います。その後は先生との診断で次第に覚悟が出来てきました。若い気持ちとは反対に、体は十分年齢を重ね成長期を過ぎていることや、そのことで伴う痛みなど・・

術後直後の痛みは正直38年の想いを断ち切られるほどです。しかし痛みは2日目には格段に回復し、結局10日程度で退院しました。退院5日目ごろには仕事復帰も果たしました。もちろん周囲の理解があったからこそでしたが。間もなく1年が過ぎようとしていますが先生の指示のもと十分に注意しながら仕事、ランニングや水泳を楽しんでいます。

一覧ページへ戻る

大人の方の漏斗胸治療手術をたくさん行っています。痛みの少ない漏斗胸治療のために努力しています。